気にせず安心な不妊治療をしていこう~子供を孕み隊~

看護婦

費用の現状

これまでの変遷について

世界中で不妊に悩む夫婦はとても沢山います。妊娠は自然の流れであり、誰もができると思いがちですが、体質や年齢、または相性などによって妊娠できない人もとても多いのです。 また近年では晩婚化が進んでいることも原因となっており、30代半ばから妊娠を希望している人が増えているため不妊治療を行う人が増えているのです。 不妊治療にはいくつかのステップを踏んでいくのですが、最終的な治療方法は体外受精になります。しかし体外受精は保険適用外の治療となるためとても高額な費用がかかります。 そのため助成金を設けている自治体がほとんどです。しかし平成26年4月から年齢制限が設けられてしまい、助成金を受け取れる回数も減っているのです。

妊娠できない夫婦の多くが不妊治療を行っています。不妊治療は治療内容によってとても高額な費用がかかってしまい、健康保険適用外となるためほぼ自費になってしまうのです。 そのため1回の治療に60万円以上の費用がかかってしまうこともあり、大きな負担となっているのです。少しでも費用を軽くするために自治体から助成金が出されるようになっているのです。 今後の動向についてですが、現在では治療費は自費となっていますが費用の負担があまりにも大きくなっているため、今後は保険適用内の治療も増えていくのではないかと考えられます。 それによって不妊で悩んでいる人の多くがさらに治療を受けられるようになっていくのではないかと予測されます。