気にせず安心な不妊治療をしていこう~子供を孕み隊~

看護婦

大阪の産婦人科

受診する際のポイント

大阪には産婦人科もたくさんあります。妊娠したかもと思ったら産婦人科にまず訪れると思います。そして産婦人科で診察をしてもらい妊娠を確認します。妊娠したら、出産まで通院が必要になります。大阪の産婦人科では産婦人科医の不足により病院によっては分娩を行っていない場合があります。そういった場合は妊婦検診はできるけど、分娩は他の病院を紹介します。もちろん分娩まで診てくれる場所もあります。そして病院によって分娩代が異なってきます。比較的リーズナブルな病院もあれば、週産後の入院生活を快適にしてくれる方法としてお部屋が全部個室だったりエステ体験や一流のシェフによる食事などを選ぶと高額な分娩代になります。なので、自分に合う病院を選ぶ必要があります。

大阪の産婦人科を選ぶ際に、直接病院に問い合わせてみてもいいかもしれません。また大阪の病院では各病院でホームページがあるので、どんな病院がある程度知る事ができます。そして分娩先が決まれば、分娩代の一部を先に入金する必要がある場合もあります。また加入している保険組合から出産手当育児金という分娩代として支払われます。以前では一度患者さんが入院費用を支払いをしてその後手続きをして、保険組合から患者さんい支払いをされたものが直接払いができるようになりました。これは加入している保険組合に病院側が患者さんを介さず直接請求をします。妊娠中に病院側に申請をする事で手続きをする事ができます。上限42万円なので、それを過ぎた分娩代は自己負担になります。